節分と言えば豆まきをするのが当たり前のようになっていますが、そもそもなぜ節分に豆まきをするのか気になりませんか?

そこで、そんなあなたの為に節分の豆まきの由来や正しい作法!更に豆まきをしなくても良い最強のワタナベさんについてまとめてみたのでご覧ください!

節分に豆まきをする由来!

一般家庭では大体お父さんが鬼の役になって子供と奥さんに容赦なく豆を投げつけられるというのが一般的です!笑
世の中のお父さんの努力と、家族を大事にする気持ちに心から拍手を送りたくなります!

が、しかし

なぜ節分に豆まきをするのか、その由来をしらなければせっかく鬼の役を頑張ってもぶつけられ損です

節分の豆まきの由来を知ることで更に鬼の役にも感情移入し、迫真の演技ができるようになると思うので、一緒に豆まきの由来を見ていきましょう!

まず、節分とは季節を分けるという意味で、立春、立夏、立秋、立冬の前日のことを言います!

つまり節分は正式には年に四回あることになります!

では現在なぜ立春だけが節分と言われているのかというと、日本では古くから一年の終わりと始まりの節目を大事にしていたため冬から春になる立春だけが重要視されて節分と言えば春の節分だけを指すようになったんだとか!

ちなみに現在の節分と立春は旧暦の大みそかと元旦とほぼ同じ日にちになって、ずれても最大で半月ほどだそうです!

もうちょっと掘り下げると旧暦の元旦は立春に最も近い新月の日のことです!

昔から季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると信じられていて、豆まきをして邪気(鬼)を追い払い、無病息災を願ったんだとか!

なぜ豆をまくのかは諸説あって

■ 魔の目(魔目=豆)に豆をぶつけて魔を滅す(魔滅=豆)という説。

■ 昔から米や豆には邪気を払う力があるとされていて、豆の力で邪気や鬼を追い払うために豆をまくようになったと言う説

■ 宇多天皇の時代に鞍馬山の鬼が都で暴れて人々を困らせていました。そこで鬼の穴を祈祷で封じ、鬼の目に炒り豆をぶつけて目をつぶして災難を逃れたと言う説。

■ 鬼が都で暴れているときに、神様のお告げで鬼の目に豆をぶつけたら撃退に成功したと言う説

などなど、探せばきりがないくらい出てきますが、有名どころはこんな感じです!

ほぼほぼ鬼は炒り豆で目をつぶされているので、世の中の鬼役になるお父さんは体を張って目を狙わせるか、目をつぶされたふりをすることでかなりリアルな豆まきになるんではないでしょうか!笑

節分の豆まきの作法とは!

豆まきだってただただ鬼の役の人に豆をぶつけるだけでなくちゃんとした作法というものがあります!

■ 必ず炒った豆を使うべし!

■ 「鬼は外!福は内!」と元気よく掛け声をかけながら豆をまくべし!

■ まいた豆を自分の数え年分食べるべし!

■ 豆をまくのは家の当主、あるいは年男・福女(年女)がまくべし!

ちなみに、苗字に「鬼」がつく家庭では「鬼も内、福も内」と掛け声をかけるらしい!

数え年の分だけ豆を食べるのは風邪をひかないという言い伝えがあるからなんですよ!

というか、豆をまくのは家の当主って。。。

じゃあお父さんは別に鬼の役をしなくてもいいんじゃ。。

いやっ!そこはあえて子供のため、嫁さんのためと思ってお父さんがんばろう!笑

節分の豆まきが必要ないワタナベさんってだれ?

先ほどから言っているように、節分に豆まきをするのは恒例行事ですが、なんと日本には豆まきをする必要がない人がいるんだとか!

その名も、ワタナベさん!!

なんでワタナベさんが豆まきをする必要がないのかというと、鬼はワタナベさんにびびって近づかないからです!!

なぜそんなにワタナベさんを怖がるようになったのかというと、話は諸説ありますが平安時代まで遡ります!

平安時代、大江山に住む酒呑童子という鬼がいました!

酒呑童子は仲間の鬼たちと共に都で暴れまわっていました!

鬼の悪事を見過ごせなくなった武将の源頼光は「渡辺綱」を筆頭とした頼光四天王と共に討伐隊を編成し、見事酒呑童子を打ち取ります!

ちなみに頼光四天王にはあの有名な金太郎(坂田金時)もいるんですよ!!

酒呑童子が倒された後、仇を取りに仲間の茨木童子が討伐隊を襲います!!
しかし、渡辺綱によって腕を切り落とされ返り討ちにされるんです!

その後切り落とした腕は取り返したものの、鬼たちの間で渡辺綱の強さは脅威と恐怖となって渡辺綱や討伐隊だけでなく、渡辺綱の子孫、渡辺の姓を持つ家にも近づかなくなったんだとか!

そのような理由があって、鬼が恐れて寄ってこないのでワタナベさんは豆まきをする必要がないんです!

ちなみに渡辺だけでなく、渡部渡邊渡邉など別の表記でもワタナベであれば鬼は恐れて近づいてこないので豆まきをしなくていいそうです!!

節分の豆まきの由来や作法のまとめ

では、節分の豆まきの由来や作法をまとめましょう!

節分の豆まきの由来!

昔から季節の変わり目(節分)には邪気(鬼)が生じると信じられていて、豆まきをして邪気(鬼)を追い払い、無病息災を願った!

なぜ豆をまくのか!

■ 魔の目(魔目=豆)に豆をぶつけて魔を滅す(魔滅=豆)という説。

■ 昔から米や豆には邪気を払う力があるとされていて、豆の力で邪気や鬼を追い払うために豆をまくようになったと言う説。

■ 宇多天皇の時代に鞍馬山の鬼が都で暴れて人々を困らせていました。そこで鬼の穴を祈祷で封じ、鬼の目に炒り豆をぶつけて目をつぶして災難を逃れたと言う説。

■ 鬼が都で暴れているときに、神様のお告げで鬼の目に豆をぶつけたら撃退に成功したと言う説。

などなど諸説あれどほぼほぼ鬼は豆で目をつぶされる!

豆まきの正しい作法!

■ 必ず炒った豆を使うべし!

■ 「鬼は外!福は内!」と元気よく掛け声をかけながら豆をまくべし!

■ まいた豆を自分の数え年分食べるべし!

■ 豆をまくのは家の当主、あるいは年男・福女(年女)がまくべし!

ワタナベさんが豆まきをしなくても良い理由!

話は諸説あるが、平安時代に都で暴れまわっていた酒呑童子茨木童子ら鬼の一派を源頼光と「渡辺綱」を筆頭とした頼光四天王が討伐する!

とくに渡辺綱は茨木童子の腕を切り落とすなど鬼たちをコテンパンにしたので、鬼たちの間で渡辺綱の強さは脅威と恐怖となって、渡辺綱や討伐隊だけでなく、渡辺綱の子孫、渡辺の姓を持つ家にも近づかなくなった!

という感じで、節分の豆まきについてだいぶ理解できたかと思います!

必ずしもお父さんが鬼の役をやる必要もないことがわかってしまいましたが、もちろん今回の節分もがんばるんだよね!

ねっ!笑